セミナー

ホーム > 医院 > 第8回 「伸びるクリニック勉強会」のご報告

第8回 「伸びるクリニック勉強会」のご報告

2011/6/12

医院

img_110612.jpg
平成23年6月12日 OMMビルにおいて、PMC株式会社 代表取締役会長兼CEOエグゼクティブコンサルタント 中野善夫先生を講師にお迎えし、利益拡大実践手法公開講座全3回シリーズの第2回『増患・自費率向上対策の決定的仕組みはこう創る』を開催いたしました。
医院の収入を増加させるには、まず土台として、
① 医院理念が院長、スタッフ全員に理解され、共有化されている
② 院長、スタッフのホスピタリティが向上し、患者さんとの信頼関係が築かれている
この2つが達成されていることが前提となります。その上で、収入増加のためのアプローチ対象を明確にするため、医業収入が発生する構造を解析し、分解すると、医業収入は次の三要素により発生することが明らかになります。

img_110612_01r1.gif

5月15日の第1回セミナー『診療効率の高め方実践手法』では、上記の三要素のうち②来院回数をアプローチの対象としていました。今回は残りの2つ、①患者数へのアプローチとして「増患」、③1回あたり収入高へのアプローチとして「自費率向上」の仕組みをどう創るかの実践手法を公開して下さいました。

まず「増患」を達成するには、次の2つの方法があります。
1) キャンセル・中断を防止する+転院を防止する ことで「患者数を減らさない」
2) 過去の患者に再来院してもらう+将来の患者を増やす ことで「患者数を増やす」

「患者数を減らさない」ためには、患者さんの満足度を向上させる必要があります。
確かな診療技術により痛くない治療をし、適切な説明を行うことで患者さんは納得します。
その上で感じの良い接遇をすると、患者さんは感動し、満足度が高くなります。

「患者数を増やす」には、過去患者の掘り起しと将来患者の獲得を行います。
過去患者には先生の医院が忘れられない仕組みを創ります。
将来患者の獲得には、来院されている患者さんに紹介してもらう仕組みを創ることが有効です。

次に、「自費率向上」の仕組み作りです。自費患者を増やすには、まず患者のデンタルIQの向上、つまり歯科医療についての知識向上が不可欠です。より良いものを求める日本人の特性上、自費治療の有利性をきちんとお伝えすれば、自費治療を選択する患者さんは増えると考えられるからです。患者さんのデンタルIQ向上には、カウンセリングが重要となります。先生とスタッフが適切に役割を分担し、ツールとマニュアルを使用して、医院全体で自費に取り組む仕組みを創ります。そして、適時適所で患者さんに情報をお伝えするようにします。そうすると納得して自費に移行する患者さんの数が増え、自費率が向上し、医院の収益が拡大することにつながるのです。

今回も中野先生の熱いお話により、会場も熱気につつまれました。3時間が短く感じられるほど内容が濃く、刺激を受けるセミナーでした。アンケートでも「とても満足」「満足」で100%でした。

3回シリーズの当セミナーも残すところあと1回となりました。次回は7月10日(日)に『スタッフ・代診Dr.のモチベーション向上方法』を開催いたします。ご興味を持たれましたら、お気軽に弊事務所にご連絡下さい。

最後に、今回のセミナーにご参加下さいました先生方に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

img_110612_002r.jpg
img_110612_003r.jpg

【お問い合わせ】
上田公認会計士事務所
TEL 06-6222-0030 FAX 06-6222-0038

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話
  • 【フリーダイヤル】0120-136-436
  • Tel.06-6222-0030
執務時間
  • 月曜日~金曜日
    午前9:00~午後5:30

お問い合わせメールフォーム

些細なことでも気兼ねなくお問い合わせください。「はい、日本クレアス税理士法人です」と電話を取ります。その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズに対応できます。