セミナー

ホーム > 医院 > 第9回 「伸びるクリニック勉強会」のご報告

第9回 「伸びるクリニック勉強会」のご報告

2011/7/10

医院

img_110710.jpg
平成23年7月10日(日)OMMビルにおいて、PMC株式会社 代表取締役会長兼CEOエグゼクティブコンサルタント 中野善夫先生を講師にお迎えし、利益拡大実践手法公開講座全3回シリーズの第3回『スタッフ・代診Dr.のモチベーション向上方法』を開催いたしました。
モチベーションを向上させるためには、人事評価制度の構築が不可欠なのですが、これは経営の仕組み作りの手順の1つなのです。

  • ① ホスピタリティの向上(接遇サービスの向上)
  • ② 診療効率の改善
  • ③ 増患マーケティング
  • ④ 自費スイッチングシステム
  • ⑤ 人事評価制度

この5つが医院経営改善への手順です。

人事評価制度というものは単体で運用するべきではなく、賃金制度・昇進昇格制度や教育システムとリンクさせ、将来のキャリアビジョンや処遇がわかるようにするべきなのです。

「どういう仕事・どういう行動ができるようになれば、このような処遇が与えられる」というようなことは、普通の企業であれば当然構築されている仕組みなのですが、歯科医院様のような組織ではまだ馴染みが少ないようです。

まず、評価する項目ですが、大別して以下の3つが挙げられます。

  • ① 成果の実現度
  • ② 業務の遂行度
  • ③ 能力の啓発度

結果の評価だけでなく、プロセスをしっかり評価しなくてはなりません。
そのためには評価表を作成し、絶対基準によって評価をすることが大切です。

次に、医院組織活性化のための思考として、人間の能力を3つのスキルに分けるという考え方が あります。

概念形成能力・対人感受性・技術能力に分かれます。この能力を、経営者層・管理者層・一般社員層というそれぞれの階層において、バランス良く身につけておく必要があります。

これが個人の能力向上の基礎となり、モチベーション向上の源泉ともなります。

医院の成長にとって最も大事なものは、そこで働く人材とそのモチベーションです。
どれだけ立派な戦略や事業計画が策定できたとしても、実行するのはそこで働く人材なのです。モチベーションの低下は、退職の増加や職務怠慢、さらには内部告発や機密漏洩などを引き起こす可能性があり、医院経営に悪影響を与えます。

なので、人事評価制度を導入して、キャリアビジョンの可視化や処遇とのリンク、教育システムの充実などを行なうことによって、高いモチベーションで安心して働くことができ、医院の成長に貢献できる人材が育っていくと考えられます。

今回も中野先生の熱いお話により、会場も熱気につつまれました。3時間が短く感じられるほど内容が濃く、刺激を受けるセミナーでした。アンケートでも「とても満足」「満足」で93%でした。3回シリーズの当セミナーは、今回をもってご好評のうちに終了致しました。今後の中野先生のセミナーについてですが、8月7日(日)以降6回シリーズで『儲かる仕組み”実践”クローズ講座』を開催いたします。有料ではございますが、ご興味を持たれましたら、お気軽に当事務所にご連絡下さい。最後に、今回のセミナーにご参加下さいました先生方に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

img_110710_01.jpg
img_110710_02.jpg

【お問い合わせ】
上田公認会計士事務所
TEL 06-6222-0030 FAX 06-6222-0038

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話
  • 【フリーダイヤル】0120-136-436
  • Tel.06-6222-0030
執務時間
  • 月曜日~金曜日
    午前9:00~午後5:30

お問い合わせメールフォーム

些細なことでも気兼ねなくお問い合わせください。「はい、日本クレアス税理士法人です」と電話を取ります。その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズに対応できます。