ブログ

ホーム > ブログ > 休眠預金等活用法の現況とファンドレイジング

休眠預金等活用法の現況とファンドレイジング

2020/3/4

ブログ , 新着情報 , 社会福祉法人ブログ

日本クレアス税理士法人・上田公認会計士事務所の津田です。

3月3日の桃の節句が終わり、例年は卒業式のシーズンを迎えるころです。

今年はコロナの流行で体調管理が最優先となり、様々な活動が自粛されています。

何とか流行が収まることを祈りつつ、日々の予防の徹底など、自身ができることを

精一杯行おうと思います。

 

さて、2020年は休眠預金等活用法による資金の分配がいよいよ開始されます。

この法律は、10年以上入出金が確認できない休眠預金等を活用し、民間公益活動の促進のため、民間公益活動を行う団体に対し助成、貸付又は出資を行うものです。

2018年1月施行の休眠預金等活用法に基づき、2019年1月に全国をまとめる指定活用団体にJANPIA(一般財団法人 日本民間公益活動連携機構)が指定されました。

【JANPIAの法人HP】

 https://www.janpia.or.jp/about/

 

JANPIAは民間公益活動を行う団体に対して助成等を行う資金分配団体を選定します。2019年度は昨年11月29日に22団体の資金分配団体が決定されました。

【資金分配団体決定に関するJANPIAのプレスリリース】

 https://www.janpia.or.jp/other/news/press/press_20191129.html

 

選定された資金分配団体が、2019年度の最長3年間の活動を対象とした総額約29.8億円の助成総額を、公募する実行団体に助成等行っていきます。

2019年12月から実行団体の公募がはじまり、締め切られた事業もありますが、募集中の事業もあります。ご興味のある法人様は、下記のJANPIA HPで資金分配団体ごとの募集状況をご確認の上、詳細は各資金分配団体にご確認下さいませ。

【資金分配団体による実行団体公募の状況 JANPIAのHP】

https://www.janpia.or.jp/dantai_info/index.html

 

日本クレアス税理士法人は多くの非営利法人のお客様とご縁がございます。今後も休眠預金等活用法の情報がございましたら、このブログを通じて皆様にお伝えしてまいります。

  また、私共は非営利法人のお客様の活動資金獲得のご相談にも対応しております。

社内には2名の准認定ファンドレイザーがおり、豊富な知識に基づいたアドバイスを

いたしております。ご相談がございましたら、個別相談会をご利用下さい。

 

 

弊社では、月2回 社会福祉法人様向けに個別相談会を開催しています。

専門家の活用をご検討されていましたら、ぜひ一度 個別相談会にお越しください。

 

日時   毎月 第1・第3 金曜日 13時~
1法人様 1時間 (1日2法人様限定)
    場所  日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所 会議室
大阪市中央区道修町1-7-10 扶桑道修町ビル3F
(地下鉄北浜駅徒歩3分)

初回は無料(1時間)で、社会福祉法人専門の税理士が、法人の運営や
会計、税務などのご質問に回答いたします。
ご参加を希望される方は、ホームページよりお申込み下さい。

お申込みはこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話
  • 【フリーダイヤル】0120-136-436
  • Tel.06-6222-0030
執務時間
  • 月曜日~金曜日
    午前9:00~午後5:30
  • 土曜日
    9:00~午後4:00

お問い合わせメールフォーム

些細なことでも気兼ねなくお問い合わせください。「はい、日本クレアス税理士法人です」と電話を取ります。その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズに対応できます。