経営改善

保育顧客(大阪府下)38

経営計画策定支援

描いた法人の姿に到達するためには、たどり着くための道筋、つまり計画が必要です。

会計の透明化等により認可保育所を取巻く外部環境は厳しくなっています。 組織の内部では、人材不足や人件費の増加、施設設備の老朽化、サービスの品質管理、リスク管理等様々な問題を抱えています。

このような環境下で競争に負けず、保育サービスを提供し続けるためには、中長期計画と短期的事業計画の策定が不可欠です。

予算を立てることはできるが、
経営計画策定はどこから手掛ければよいかわからない。

法人の理念に基づいたビジョンを実現するためには、中長期計画を作成し、 それを単年度に落とし込んだ事業計画の策定が必要です。

施設運営方針・中設備投資計画・修繕計画・予算積算・事業計画・中期経営計画。日本クレアス税理士法人 上田公認会計事務所がお手伝いいたします。

予算管理運営支援

「予算」を支出計画にとどめずに、法人経営の年間の財務目標と位置づけて、目標予算の作成と実績管理を行うことが必要です。

これまで予算は「何にどれだけ資金を使うか」を管理することに主眼がおかれていました。 本来予算は、中期経営計画にもとづいて作成する単年度計画であり、1年間の目標数値です。

私ども日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所では「目標予算」の立て方を指導し、毎月の予算と実績を対比した進捗管理の方法を指導いたします。

  • STEP1:目標予算の作成支援
  • STEP2:早期月次決算体制の確立支援
  • STEP3:月次の予算実績管理方法の指導

月次予算管理・月次の予算実績管理方法の指導

決算報告会支援

決算報告会を行うと、前年度の結果について、原因・課題を考えることができ、 その情報を共有することで、今後の対策を考えるきっかけとなります。

私ども日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所は、決算報告会での報告内容や資料のまとめ方についてアドバイスし、その運営をサポートいたします。

決算報告会を継続的に行い、少しずつ法人担当者の発表を増やすことで、職員のプレゼンテーション力も養われていきます。

また、主要メンバーが集まるこの機会に研修を組み合わせれば、さらに有意義な会議にすることができます。

保育園決算報告資料・保育園決算報告資料

経営分析

保育所の経営分析は日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所のメニューでも最も人気の高いメニューです。

私ども日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所が様々な項目を分析し、顕在化している課題、隠れている課題を明確にいたします。
そのツールこそが経営分析です。

財務データからの経営分析

  • 機能性
  • 費用の適正性
  • 生産性
  • 安全性
  • 収益性

保育所の財務データから経営分析(定量分析)をおこない、 各経営指標から経営効率性の診断を行います。

保育所の経営指標として左記の5つの観点により、 平均値と貴法人の数値を比較して、経営の弱みと強みを分析します。

経営チェックリスト

  1. 法人理念
  2. 理事会
  3. 長期計画・予算
  4. 人事労務
  5. 保護者・地域活動その他
  6. 緊急時対策

財務データのみならず、非財務データである左記の項目について「経営チェックリスト」に基づくアンケートを受診していただきます。

その結果をレーダーチャートにすることで経営管理における貴法人の弱みと強みを分析します。(定性分析)

経営改善のヒント

定量分析、定性分析の結果に基づいて、法人の方が気づいていないリスク等をアドバイスし、経営改善のヒントを提供いたします。

経営分析を受けた経験がないという法人様はぜひこの機会にトライされてはいかがでしょうか。

なお、日本クレアス税理士法人 上田公認会計士事務所のセミナー受講者の方にはもれなく無料で経営分析を実施しております。大変お得となっておりますので、HPにてセミナー情報をご確認ください!

経営分析資料

ページのトップへ移動